SSブログ
前の5件 | -

寒中お見舞い申し上げます [分類できませんでした]





    1.jpg




               寒中お見舞い申し上げます



 2021年は穏やかな年となりますように、と願っているのに、ここにきて首都圏に緊急事態宣言です。

 心中穏やかならざるものが湧いては消えるこの頃ですが、でもまあ、出てしまったものは仕方ありません。

 このひと月はガマン、そしてあちこちに気を配りつつ...過ごしてまいるつもりです。

 小ブログも2月上旬まで、しばし冬眠をいたします。

 寒さが続く季節、皆様にはどうかお健やかにお過ごしくださいますよう。

                                   2021.1  ナツパパ拝



共通テーマ:日記・雑感

よいお年をお迎えください [記憶に残っていること]





    433.jpg




 上の写真は1975年12月または翌年の2月に訪れた北海道小樽市である。

 わたしはこの時期、小樽に魅せられ、街を歩き回っては写真を撮っていた。

 訪れたときは雪が多く、運河界隈を歩いていると、吹雪まがいの、まわり一面真っ白になることもあった。

 そういった天候は、しかし、とても印象的な写真が撮れるわけで、わたしはむしろ欣喜雀躍して歩いていた。




 このときのカメラはニコンF、降りしきる雪、氷点下の気温にも全く動ぜず、平然と動き続けるのだった。

 それはもはやカメラという機械ではなく、相棒という擬人化にも似た感覚をもたらすものであり...

 ...この時以来、わたしはこのニコンFを身のまわりから離したことはない。

 フィルムを入れなくとも、ただシャッターを切るだけで、様々な思い出が蘇ってきて、時間を忘れさせてくれる。






      ◇   ◇   ◇





 今年はコロナ騒ぎで、どこにも行けず、都内引きこもりの日々であります。

 夏ころには、冬になったらこの騒ぎも収束し、雪の北海道に行けるかな、と淡い期待もあったのですが、

 事態はより一層冷厳で、もはやそのような期待を持つことも適わないように思えます。

 それでも、今まで終わらない災害は無かったそうですから、いずれはこの騒ぎも収まるのでしょう。

 それまで我慢...と、冬の小樽の写真を眺める日々であります。




 さて、今年一年、拙ブログにおいでいただき、ありがとうございます。

 記事といえば昨年以前の話題ばかりだったり、突然通信遮断だったりで、思うようにはいかない一年でした。

 それでも、皆さんからのコメントやniceは本当にうれしく、力づけられました。

 来年は穏やかな日々が戻ってきますように、と願いを込めて、「わたしのあしあと」を閉じたいと思います。



                                    2020.12 ナツパパ拝



 ※ すみません、年末多忙につき、niceコメント欄は閉じさせていただきました。


共通テーマ:日記・雑感

腹も身のうち ’20 [わたしの食欲]





    422.jpg




 10月の終わりころ、久しぶりに友人のS君と街歩きをした。

 S君とはもう10年以上も街歩きを愉しんできているのだが、半年以上も間が空いたのは初めて。

 春先から、いつかは街歩きをしたい...と言い合って、やっと10月である。




 ...どこに行こう?...と久しぶりなので候補が上がりすぎて収拾がとれない。

 それでは、と、まず池上の本門寺にお参りして、くず餅でも食べよう、とわたしが提案する。

 そのあとは鶴見に行きたい店があるのでぜひ...とS君が言って、そのコースとなった。




 池上本門寺で参拝を済ませ、名物のくず餅を堪能したあと、池上線とJR線で鶴見駅南口までやって来た。

 駅界隈で美味しい洋食屋があり、量も多いので、その味を堪能したい、とS君が言う。

 そこで店を探すのだがなかなか見つからない...昼近くの鶴見駅前でオジさん二人は次第に焦るのだった。



 

続きはこちらです


nice!(89)  コメント(62) 
共通テーマ:日記・雑感

週末はスキャン三昧を [くらしの中で]





    416.jpg




 皆さんご無沙汰しました。

 ようやく通信環境が元に戻り、ブログを再開できます。




 さて、コンピュータのネットワークが使えなくなってひと月以上、世の中は再び騒然となってきた。

 わたしたち夫婦は、gotoを利用して、義母を見舞い方々、初冬の美味を求めて北海道を旅行する予定だった。

 ...が、わたしの家も妻の実家も、90歳以上の老人を抱える家庭である以上、今は剣呑である。

 そこで、旅行は中止をして、家に引き籠ることにした。




 ...で、なにをするかな...と考え、納戸にある昔のフィルムをどうにかしよう、と思い立ったのだった。

 それは、1970年代~80年代にかけて、あちこちの鉄道や風景をモノクロで撮ったフィルムである。

 そのうち一部は以前スキャンをしたのだけれど、かなりのフィルムがまだなのだ。

 フィルムの劣化が懸念される今、この機会にすべての画像をデジタル化をしよう、ということになった。



続きはこちらです


nice!(94)  コメント(74) 
共通テーマ:日記・雑感

驥尾に付す [乗り物大好き]





    402.jpg




 わたしがブログを始めて15年、その間、多くの皆さんとお知り合いになった。

 コメントやniceを頂いたり、送ったりして、お付き合いをいただくブログ、好きで拝見するブログは多い。




 その中で、拝見しては、ユニークな切り口に感嘆するCedarさんのブログがある。

 鉄道が大好きなCedarさんであるから、記事には鉄道のあれこれが多く登場する。

 最近は、「隙間電車」なる一連の写真を取り上げられて、そのスタイルに、わたしは魅了されたのだった。




 隙間電車とは、建物の隙間から見える電車の写真で、踏切からの写真などもあり、それは当然人も映るから、

 写した時の世相や街の雰囲気も感じられるものとなる。

 その写真の持つ雰囲気が素敵で、わたしも、これは隙間電車を撮ろう、と決心したのだった。




 ...で、決心したけれど、夏の猛暑、秋の長雨で...それでは過去写真で見つけてみよう、と思ったのだった。

 まずは写真上、戸越銀座駅脇の踏切からの写真で、拙いながら、これが隙間電車でありますね。



続きはこちらです


nice!(99)  コメント(79) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -