SSブログ
くらしの中で ブログトップ
前の10件 | -

梅雨が明けて...さて。 [くらしの中で]





    54.jpg




 毎度代わり映えのしない写真で恐縮なのだけれど、7月の野菜畑であります。




 日当たりがいいからなのか、肥料をたっぷり施したからなのか、成長が早い。

 ふと気がつくと、鬱蒼としたジャングル状態になってしまう。

 そうなると、収穫にも手間だし、なにしろ庭の一部なので、見た目にも鬱陶しく感じられて。




 そこで、そうなると、妻が出て行って、枝を伐ったりして剪定をしてすっきりとさせる。

 枝を伐れば、花の付いたところも一緒に取ってしまうわけで、収穫は少なくなるけれど...

 ...まあ、それよりも見た目重視で...だって、暑い日にジャングルは暑苦しいし。



続きはこちらです


nice!(44)  コメント(37) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の陣が始まるのだろうか [くらしの中で]





    46.jpg




 今年は梅雨寒というものが少なくて、全般的に気温が高めのように感じる。

 それをここにきて一層顕著に感じるのは、わたしが暑さに弱いからだろうか。




 ...とはいっても梅雨の最中で、エアコンをつけるほどの暑さでないところが...

 ...いっそガツンと暑くなってしまえば、エアコンの利いた室内でゆっくりできるものを。

 中途半端なところがなんとも遣る瀬無い、ように感じる。




 ...などとグチグチいっている日々で、気がつくと元気なのは庭の野菜たちである。

 気温が高くなったからか雨模様の日々がつづいて水分が潤沢なためか...成長が早い。

 ちょっと目を離すと、グッと背が延び葉が繁り、実がなっていたりするので油断できない。

 冒頭は6月17日、大きくなったなあ、と思って撮った写真であります。



続きはこちらです


nice!(38)  コメント(37) 
共通テーマ:日記・雑感

困った時の庭頼み [くらしの中で]





    29.jpg




 さて、緊急事態宣言下のゴールデンウィークであります。




 わたしとて、分別ある大人だし(...異論を認める用意はある 笑)、この期間は自粛するつもりだ。

 でもね、暖かく、しかも乾いた空気で、気分がいいのであります、外が。

 ...ああどこかに行って見たいなあ、と思うものの、まあ、気分的に億劫なのですね。




 そこで、我が家の庭に出てみる。

 先日庭屋さんにお願いしてバッサリとやってもらったので、庭がきれいだ。

 しかも、ちょうどバラが盛りで、2㍍くらいに大きくなったバラに、花がこれでもかと咲いている。

 その光景は、毎年の、この時期の愉しみなのである。



続きはこちらです


nice!(43)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

週末はスキャン三昧を [くらしの中で]





    416.jpg




 皆さんご無沙汰しました。

 ようやく通信環境が元に戻り、ブログを再開できます。




 さて、コンピュータのネットワークが使えなくなってひと月以上、世の中は再び騒然となってきた。

 わたしたち夫婦は、gotoを利用して、義母を見舞い方々、初冬の美味を求めて北海道を旅行する予定だった。

 ...が、わたしの家も妻の実家も、90歳以上の老人を抱える家庭である以上、今は剣呑である。

 そこで、旅行は中止をして、家に引き籠ることにした。




 ...で、なにをするかな...と考え、納戸にある昔のフィルムをどうにかしよう、と思い立ったのだった。

 それは、1970年代~80年代にかけて、あちこちの鉄道や風景をモノクロで撮ったフィルムである。

 そのうち一部は以前スキャンをしたのだけれど、かなりのフィルムがまだなのだ。

 フィルムの劣化が懸念される今、この機会にすべての画像をデジタル化をしよう、ということになった。



続きはこちらです


nice!(95)  コメント(74) 
共通テーマ:日記・雑感

しくじりの後始末など [くらしの中で]





    393.jpg




 この4月末、長く使ってきたご飯茶碗を、わたしの粗相で割ってしまった。

 2客で対になった茶碗で、赤絵と染付の、染付をわたしが使っていたのだった。

 ご飯茶碗は日常に使うものなので、すぐにでも新調したい...のだが、待てしばし。




 そのご飯茶碗は、三重県にある「広永窯」で作られたもので、夫婦とも気に入っていた。

 できれば同じものをもう一度買い求めたい、と思う。

 さいわい、そのご飯茶碗は広永窯のカタログに載っているものなので、以前買い求めた店に行けば買えるだろう。

 ...と思っているうち、コロナ騒ぎが深刻化してしまい、外出自粛となってしまった。




 代替品でしのいできたけれど、そろそろ...と思い、店に出かけることにした。

 最寄りの地下鉄駅から電車で行こうと思う。

 ...やれやれ、地下鉄に乗るのは半年以上ぶりだ。



続きはこちらです


nice!(92)  コメント(76) 
共通テーマ:日記・雑感

人は暇になると良いことをする...場合もある...らしい [くらしの中で]





    303.jpg




 我が家の庭は、中央に芝生、そして周りは木で囲われている。

 夏になると木々が繁殖して、ちょっと鬱陶しいくらいなのがいささか気になるけど。

 それでも、枝を剪定したり芝生を刈ったりすれば、まあ気持ちがいい...そうやって30年近くやって来た。




 1か月と少し前か、ふと気がつくと、芝生が切り取られ、そこに野菜の苗が植えられていた。

 苗の周りは支える棒が立ち、土はマルチで覆われ、本格的である。

 見ているうち、苗は瞬く間に伸び、トマトときゅうりであることが分かった。




 いうまでもなく、これは妻の仕業で、聞いてみると、コロナ騒ぎで暇なので野菜の栽培を思い立ったのだとか。

 わたしたちの住む街は東京都23区内だけれど、昔から農協があって、近所の支店には園芸センターもある。

 園芸センターで、たまたまトマトときゅうりの苗を見て、これだっ、と思い立ったのだとか。



続きはこちらです


nice!(94)  コメント(70) 
共通テーマ:日記・雑感

身のまわりの春 [くらしの中で]





    168.jpg




 このところ、自宅から半径1km圏内で過ごすことが多くなった。

 せいぜいが近所の駅前にあるスーパーマーケットに買い出しに行くくらい。

 それでも、そういった生活も続けていると、なんとなく日々が過ぎていく。

 ...人間どんな環境にも慣れるものだなあ。




 某日、居間から庭を見ると、先週よりも緑が濃く、花々が鮮やかになっているみたい。

 そこで、カメラを抱えて庭に出てみることにした。




 この時期に一番目立つのは、サツキだったかツツジだったかの株である。

 紅白の花が今を盛りと咲き誇っているかのよう。

 ...今年は、でも、ちょっと早すぎやしないか...まだ4月も中旬だぜ。



続きはこちらです


nice!(93)  コメント(73) 
共通テーマ:日記・雑感

桜吹雪で送る春 [くらしの中で]





    161.jpg




 世の中、春、である。

 うららかな日差しと暖かい風が心地いい。

 居間から庭を、そして外を眺めていたら、窓から入ってくる風が気持ちよくて、つい、欠伸が出た。




 そうだ、外に出てみよう、と、まず、庭に出てみた。

 さつきかつつじがもう咲いているではないか。意外に強い日差しの中に紅白の花がきれい。




 そこで、家に取って返し、カメラを持ってきた。

 レンズは、たまたまそのカメラについていたホルガ(Holga)というもので、独特な画像が撮れる。

 それで写真を撮ったらなんとも春らしい画像になった。




 そうだ、ちょうどいい、これをもって近所を散歩してみよう、と思い立った。

 このところ家に引き籠ってばかりで...適度の運動は良いよ、と勧める向きもあるので。



続きはこちらです



共通テーマ:日記・雑感

サヨナラダケガ人生...カ? [くらしの中で]





    61.jpg




 わたしの出た大学は、日本全国から学生の集まる学校だった...今でも。

 彼らの多くは東京で職を得たが、卒業後、出身地に戻った知人・友人もまた多い。

 数は少なくなったけれど、今に至るまで付き合いが続く友人も、日本各地に散在するのである。




 そのうち、昵懇にしていた友人が、先日急逝した。

 事情は不明だけれど、長い友人として見送ってやりたいと思う。

 彼の住むところは福井県大野市で、福井市から東に1時間ほどの土地である。

 こちらから行くとしたら、新幹線で金沢まで行き、そこから特急で、と算段した。




 そんな折、岐阜県高山市の友人が、昨年末逝去していたことを知らされた。

 そうだったか...ならば、彼のもとにも行って線香を立ててやりたい。

 福井と高山、鉄道だと大変だけれど、車を使えば、行けないところではない。

 そこで、車に乗って出かけることになった。



 

久しぶりなので、長くなってしまいました。すみません、続きはこちらです


nice!(63)  コメント(42) 
共通テーマ:日記・雑感

7月になって [くらしの中で]





    55.jpg




 今年の関東地方は、6月の終わりにいきなり梅雨が明けてしまった。

 それで、まだ心の用意が出来ないのに、夏である。

 じめじめした雨が続く陽気から、いきなりカッと太陽が照りつけて暑くなるのだった。




 自然のことゆえ、それはそれで仕方ないのだけれど、暑いのは疲れるなあ。

 ...などとブチブチ愚痴をこぼしつつ...暮らしていたら、以前頼んでいた漬物がやって来た。




 箱を開けると、目に入る浅漬けの各種がいかにも涼しげであります。

 ...おおっ、やっと来ましたか...と、顔もほころんでくる。

 それにしても、こういった漬物が、新鮮なままはるばる東京まで送られてくる時代。

 ...ほんと便利な時代になったなあ。



続きはこちらです



共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - くらしの中で ブログトップ